過去に撮影した野鳥や今後の撮影した写真を記録していきたいと思います。


by ヤマテツ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
カメラ
野鳥
ヤマセミ
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> soyokaze3さ..
by yamasemiTY at 18:14
お久しぶりです。苦労して..
by soyokaze3 at 23:29
>sai様、 大雨..
by yamasemiTY at 21:17
おはようございます。 ..
by sai at 08:54
soyokaze3さん ..
by yamasemiTY at 13:09
sai様、こちらの方では..
by yamasemiTY at 13:01
お久しぶりです。間開きす..
by soyokaze3 at 23:51
Rコメントありがとうござ..
by sai at 22:28
>sai様初めまして。 ..
by yamasemiTY at 21:58
初めまして、saiともう..
by sai at 10:40

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

TAMRONSP 150-6..
at 2018-08-01 23:44
機材のメンテついでに
at 2018-07-27 04:25
巣立ち後のヤマセミ5兄弟➄
at 2018-07-24 22:38
巣立ち後のヤマセミ5兄弟④
at 2018-07-22 21:52
巣立ち後のヤマセミ5兄弟➂
at 2018-07-18 22:45

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

機材のメンテついでに

撮影も一段落して機材一式を自分で軽くメンテナンスしました。
メンテついでに忘備録も兼ねて撮影機材を紹介しようかなと思います。

d0387361_01230663.jpg

まずはカメラがsonyのα99IIとα77IIの2台。
特にsony好きではないのですがへそ曲がりなので
カメラ購入時にメジャーな2社は避けてオレンジ色のαロゴが気に入りα200を購入。
野鳥を撮影しだしてからは長玉の揃っている2社が羨ましくも。。
でも愛犬撮影にはぴったりの中、上級機のあるブランドなのでと
ズルズル現在もマイナーなAマウントを使い続けています。

レンズはメインが純正70-400G2でサブがタムロンA022(150-600G2)
レンズコートは2本ともイギリスのoutdoor photography gearさんからネットで購入。
ebayの格安品より少し高いだけで、ものもしっかりしていますしebayより早く着きます。
d0387361_01175294.jpg
カメラ2台のセンサーもひどいホコリ、汚れははなく
ブロワ吹きのみでペッタン棒の出番はありませんでした。
更にレンズコートも洗濯。

サイトスコープは所謂「2色のマルチパターン」2台(黒、迷彩)とOLYMPUSのEE-1を使用
ブラインドテントでの撮影はマルチパターンをメインで使用、
EE-1はホットシュー上でズレにくいので移動が多い時など。
とか言いつつその時の気分で。笑
d0387361_01175379.jpg
後ろから見た感じ、因みにカメラ本体のバッテリーは減りが早いので
5個携帯してますが実際は多い時で3個使用くらいかな。(何れも純正)
d0387361_01175305.jpg
雲台は右からテレバランス6L、テレバランス3、デジタルバランスPRO、
三脚はPRO700DX AMTとSC304DX、
全部Slikで揃えています、日本の会社だしね。 
d0387361_01193015.jpg
雲台、ガッツリ腰を据えて撮影する時はテレバランス6L、
移動が多い時はテレバランス3、
デジタルバランスは将来の小型動画機の為に。笑
d0387361_01175308.jpg

テレバランス6Lと3は写真撮影に特化していて
動きモノに対する初動が速く動きも動画用雲台よりも軽くて速くて
とても良くできていると思います。(もう生産してないと思うけど。。)

ブラインドテントはアメリステップのこれ。
d0387361_01342948.jpg
二人用とのことですが荷物も多く体の大きな私は一人で丁度良い。

バッグはLOWEPROのFlipside400AWです。
ズームレンズですのでこれで丁度良い感じ、A022+α99IIでピッタリ。
(70-400G2はレンズケース)
d0387361_01344310.jpg
このバッグ、2型が発売されているようですがデザインカラーも私好み、
収納も増えて良くなっています、
が、もう4年程河原やフィールドを引きずり回していますが凄く丈夫。
まだまだボロボロになるまで使い倒すので洗濯。

雲台は何れも拭き掃除してロックレバーを遊びの無いように調整、
デジタルバランス3は自己責任において分解しロック部のディスクを清掃、
ティルト軸はバランサー含め問題ないのですがパン軸が最近軽すぎるような気がして。。
で、清掃ついでに確認。

ひっくり返して底面部、プラスネジ4点で留まっていますので
緩めて台座を外します。
d0387361_01175343.jpg

するとこんな感じ。

d0387361_04010276.jpg
ダストを除去、ディスクを拭いて、
センターに13㎜のナットが見えたました。
その下にはどうやらスプリングワッシャがかましてあるようです。。
さては。。

こいつを軽く締めると。。
d0387361_01175488.jpg
パン軸が少し重く!緩めると軽くなる事が判りましたので
好みの重さに調整し終了!
流石に6Lの方は高価なので自分で分解清掃せず
清掃必要な場合や不具合が出ればメーカーへ持ち込みます。

以上、テント、バッグ、サイトスコープ以外は野鳥撮影現場でほとんど見ることのない
機材の紹介でした。


鳥ランキング 
[PR]
by yamasemiTY | 2018-07-27 04:25 | 野鳥 | Comments(0)